TAMAJUN Journal

土屋雅史×玉乃淳 “たった一つの条件”

title2
Tweet about this on Twitter0Share on Facebook35

今回のスペシャルゲストは、株式会社ジェイ・スポーツで、Jリーグ中継を統括するプロデューサー、土屋雅史氏。最近何かとトピックとなる放映権、今後のあり方が色々と議論されるスポーツメディアの世界で、まさにその中心で活躍される土屋氏。氏の言動の原点には、驚くほど純粋なほとばしる情熱がありました。普段、一緒に仕事をさせていただいている身として、照れくさくも感じた今回の対談。僕、サッカー解説者・玉乃淳とのエピソードをも踏まえて、ぜひお楽しみください。

 

 サッカーに生かされている人生

tsutiya21

玉乃 本日は、何卒よろしくお願いいたします。まさか土屋さんとの対談が実現するなんて、夢にも思っていませんでした。

土屋 確かに。番組の制作側と出演者の方との対談は珍しいかもしれませんね。

玉乃 かなり緊張します。出演者からすると、番組のプロデューサーさんといえば、上司のような存在であり、神のような存在に当たりますから(笑)。
土屋さんは、「ツチペディア」と言われ、サッカーに関するありとあらゆる情報をお持ちで、いつも驚かされます。

土屋 とにかくサッカーが好きで昔から見続けていますからね。可能な限り全国を回って、試合や練習を見させていただいております。高校生以上のサッカーに限りますが…それこそ中学生以下や女子サッカーにまで本気で手を伸ばしたら、もう見切れなくて…完全に家庭が崩壊してしまいますから(笑)。

tamano玉乃 Jリーグの中継制作プロデューサーとして、毎週末全国を飛び回っている傍ら、時間がある限り、高校サッカーや大学サッカーなど、カテゴリーや世代を超えて様々なサッカーを、睡眠時間を削られ眼を真っ赤にされながら取材されていますが、そのモチベーションはどこにあるのでしょうか。

土屋 たとえば高校生なんて、サッカーに向き合っている純度が非常に高いので、気付かされることが凄くあるんですよね。事前に何も知らないで見に行くことによって「えっ?」っていうような信じられない出来事とか、信じられない出会いとか。自分の想定を超えるようなものが色んな所に転がっているので、自分を浄化させるというわけではないのですが、改めて「サッカーってこういうことだな。」って気付ける場所なんです。単に試合や練習の後に選手と話をするだけでも、いま目の前のサッカーに全力に取り組んでいる感じがひしひしと伝わってくるんですよね。
僕も大学を卒業するまでずっとサッカーをやっていたから、高校時代は自分もこんなに熱かったよなって思ったりして。あまりメディアに取り上げられることのない高校生にも、伝えたい思いもたくさんあって、一生懸命こちら側に伝えようとしてくれるんです。その中には常に新しい発見があって、彼らから常に勉強させられています。取材を続けてもう6年、7年ぐらいになりますかね。もちろん、実際それはジェイ・スポーツのためにもなっています。現場で出会った指導者の方に番組に出演いただいたり、解説者としてお越し頂いたり。

玉乃 メインの仕事として、日本のトップリーグであるJリーグ中継の制作責任者をされていて、それなのに下のカテゴリーの選手やマイナーな高校などにまで取材し続けている姿は、正直僕の眼には異様に映っていました。

dscf7206土屋 サッカーを知りたいというか、常にサッカーを勉強したいと思っているんです。現場に行くと常にサッカーを通じて何かを教わります。それが高校生だろうが、大学生だろうが、Jリーグだろうが、どの現場にも何かが沢山あるんです。とにかくサッカーが大好きなんでしょうね。学生時代もサッカー以外の仕事に就くことは考えていなかったですし。2002年の日韓ワールドカップの年に大学を卒業して、社会人になる予定だったのですが、社会人になってしまうと自由に試合を見られなくなると思ったので、自主留年という形で卒業を一年見送りました。それぐらいサッカーが好き過ぎて…何なんだろうね(笑)。

玉乃 土屋さんが、サッカー好きランキングで日本一だということは間違いないと思います。世界一かどうかは知らないのでわかりませんが、サッカー好きの度合いは尋常ではないです(笑)。

土屋 やっぱり尋常じゃないよね?(笑)。本当にうちの奥さんには感謝してもしきれません。昆虫とか細菌の学者と結婚したと思っていると言ってくれているので。昆虫とか細菌が僕の場合はサッカーで・・・この表現が正しいかどうかわかりませんが。

一同 (爆笑)

土屋 ここまでの人生、全てサッカーに生かされてきているんですよね。友達もほとんどサッカーを通じてできた友達ですし、中学から高校に行く時もサッカー推薦でしたし、大学を卒業して会社に入れたのも、サッカーが好きで、その情熱を面接で伝えようとしたことを今の会社が評価してくれてのことですし、ずっとサッカーに導かれて生きてきているんです。僕の人生全てサッカーに構成してもらっているわけなんです。感謝しきれないですよ、ほんと。だから、サッカーを伝えることは、サッカーへの恩返しだと思っています。既にもう一生掛かっても返せないぐらい恩がありますけど。しかもサッカーを伝えることって、尽きないですしね、終わりがないですから。本当にいいものに巡り会えました。