TAMAJUN Journal

下田恒幸×玉乃淳 “声に想いを乗せて”

%e4%b8%8b%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e7%8e%89%e4%b9%83
Tweet about this on Twitter3Share on Facebook44

その落ち着いた話し口でサッカーファンの支持を集める下田アナは、年間200試合前後のサッカー中継を担当する実況の名手と言われ、個人的にも幼い頃からテレビ中継を通してお世話になっていた憧れの方です。テレビのサッカー中継を何倍にも面白くしてくれる下田氏のものごとへの造詣の深さはどこからくるものなのでしょうか。その一生、気になって仕方ありません。 


玉乃  下田さん、お忙しいところありがとうございます。 

いつも横並びで実況解説をしておりますので、こうやって対面すると恥ずかしいです。なんか日頃の謝罪の場みたいな気分です。 

下田  え、どうして?(笑) 

僕と玉乃くんの実況と解説のやりとりをオモシロイと思ってくれている人もいるけれど、「あの実況、ひどいですね。」って言うテレビのディレクターもいるみたいだよ。 

玉乃  それこそ、どうしてですか? 

下田  要するに、玉乃くんのコメントを無視しているって思うみたい。ただあれは無視じゃなくて玉乃くんが拾いようのない事を言うから拾わないだけなんだけれどね(笑)。 

玉乃  本当にすみません。やっぱりご迷惑おかけしているんですね。 

下田  迷惑ではないけど「もうちょっと拾ってあげなよ。」って感じる人もいるんだね。まぁ、僕の言い分としては「あくまで試合の実況をやっているのだから、あれは拾えない。」と。拾った方が、試合の中継が壊れてしまうからね。拾った方が中継的にメリットあると思えば当然拾うし、そうじゃないときは拾わないよということ。 

玉乃  僕は光栄でしかないです。下田さんとご一緒できて。僕を嫌いにならないで下さい。

「怒り新党」後の人生

玉乃 「怒り新党」で取り上げられたとき(編集部注/テレビ朝日で放送されるトークバラエティ番組で下田氏と玉乃が「絶妙な実況解説コンビ」としてとりあげられた。)、身内の人にこぞって言われました。「下田さんにちゃんとお中元送りなさい」って。 

下田 ははははは。送られてきたことないなぁ。あれ(「怒り新党」)でたときは、僕にも知り合いから連絡あったけれど、別にそれほど反応があったわけではないな。玉乃くんの方が色々広がったでしょ。 

玉乃  そうですね。反響はものすごかったです。あのとき僕は別の仕事もしていて、普段僕が解説業をやっていることを知らない取引先もいましたからね。相当にびっくりしていました。夢にも思っていなかったのでしょうね。普段強張った顔で交渉していた人が、もう席に着くなり終始ニヤニヤみたいな…(笑)。 

下田  少しギャラ分けなさい。 

玉乃  別にギャラが上がったわけではないですけれど…。 

下田・玉乃  はははは。 

玉乃  僕は下田さんの中継の「声」で育ってきましたから…それこそ選手のときからずっと。下田さんが喋ると何かこう、ビッグマッチ感がでるというか。チャンピオンズリーグの予選でも、なぜか、ものすごく大事な試合のように聞こえてくるんです。見逃せなくなるというか。なんでだろう?と。そんな「声」の下田さん、エリートで帰国子女の生い立ちに迫りたいと思います。