TAMAJUN Journal

是永大輔×玉乃淳 “好きなことしかやらないことにした”

IMG_3392
Tweet about this on Twitter0Share on Facebook83

近時、多くの日本人サッカー選手がアジア諸国に活躍の舞台を求めるようになっていますが、アルビレックス新潟シンガポールの成功が、この現象の大きな一因になっていることは、もはや誰もが知るところです。アジアでの先駆け的な存在として、クラブチームの先頭で旗を振り続ける、是永大輔社長が今回のゲストです。29歳の若さで社長に就任し、シンガポールに移住してから10年。今も世界を飛び回る彼が、旅を続ける理由とは?常にアクションするビジネススタイルの彼が、創り上げたいという世界で堂々と戦える日本人とは?

大柄な体躯で厳つい印象とは異なる、是永社長の飾らないトークをどうぞお楽しみください。


誰とも戦いたくなかった。だからオリジナリティを追求して・・・

玉乃 コレさん(是永社長)、ご無沙汰しております。いつも世界中を飛び回っていらっしゃるので、お会いするのに一苦労です。今日は、楽しみにしておりました。

是永 確かに、自分でも目が覚めるとどこにいるかわからなくなることがある。

玉乃 今回のこの対談前にコレさんがいろいろなメディアのインタビューに応じられているのを拝見しました。これまでメディアが伝えてきた、あのキャラは嘘ですよね。本来もっとフランクで親しみやすいキャラだと思うので、今回は惜しみなくコレさんの本当のキャラを全国に発信して行きましょう(笑)。

是永 なぜかビジネス系でとり上げていただくことが多いからね。ちょっと堅めにはなるよね。今回は「タマジュン」だから (笑)。

玉乃 ありがとうございます。実は現在の「社長是永」はよく存じておりますが、社長就任以前の「コレナガ歴史」をあまり存じておりません。

是永 2002年に大学を卒業するときに、日本でワールドカップが開催されたんだよね、日韓共催の。そのとき、「もしかしたら一生に一度の日本でのワールドカップなのに、会社勤めしていたら、試合が観れない!」って思って、普通に就職することをやめた。歴史的な瞬間にデスクでエクセルつくらなきゃ、なんてイヤだった。で、たまたま求人があったサッカー専門の携帯サイトの会社でアルバイトはじめて、人手不足もあってそのサイト内でたくさんの記事を書かせてもらったんだよね。「バルセロナの強さの秘密。」、「注目の若手10人。」とか色々。普通に考えたら、駆け出しの素人が記事を書くチャンスなんてないし、誰も読まないよね(笑)。それまで自分のホームページに趣味で書いていた独り言みたいなものでも多くの人が読んでくれて、喜んでくれて、且つ給料をもらえるのよ。あら、これは楽しい!って。だから迷いなく24時間働いたんだよね。ほぼ会社に泊まりこみの日々でも全く苦痛じゃない。日韓ワールドカップ開幕のタイミングでチームの人数も増えていって、アルバイト始めて半年後に副編集長になって、その半年後には編集長になった。結局、その会社で5年間ほど働かせてもらった。

玉乃 コレさんも、社員としての社会人経験があるのですね?

是永 最後の数年は、1年の3分の1くらいは海外にいた。取材という名目で海外滞在。出張という名の旅行をしながら色んなカテゴリのサッカーを観て、記事を書いたら給料がもらえる。そのときは、「なんでこんなに人生簡単なんだ!」と思った(笑)。評価もしていただいて、ワールドカップの各国のチーム力分析とか書いたら、スポーツ紙の裏一面が自分の記事なったりする。楽しくて仕方ないよね。

玉乃 コレさん、いつもサッカーの話をするとき、目をキラキラさせていますけれど、そもそもなんでそんなにサッカーが好きなんですか?

是永 うーん。サッカーを始めたのは小学校1年生。特別能力が高いわけではなかったので、プロになろうなんて思う瞬間がたったの一瞬もないサッカー人生だったな。だから、サッカーだけで突っ走ってきたというよりは、オリジナリティを追求する人生を選んできたつもり。他人と同じことしていたら疲れちゃうじゃない。競争嫌いだしね。他人との無益な競争は最もエネルギーを消費するし、妬みとか憎しみとか人間の嫌なところが見えるから嫌い。で、入学したのが、日本大学芸術学部、演劇学科。当時からブルーオーシャンを常に泳ごうと思っていた。ほとんど病気だよね。この支配からの卒業…。特別でありたい…。

玉乃 サッカー人のコレさんが、なぜゆえに(笑)。

是永 誰とも戦いたくなかった。だからオリジナリティを追求して、演技コース。分かる? 結果、授業では全身タイツ着て踊ってた。

玉乃 はははは。

是永 バレエやるわけよ。踊る方ね。つま先立ちの。ごめん、まったく興味ないのよ。授業に出たのは初日のみ。

玉乃 みんな特別視してくれましたか?

是永 ん?誰も見てくれなかった。でも「卒業」は、ちゃんとしたよ。みんなに手伝ってもらって。で、卒業して10数年経つと、日大から入学式のスピーチを頼まれたわけ。日本最大の大学の全学部の新入生とそのご家族だから、日本武道館で8000人×3回だよ。ほとんどスティーブジョブスの世界だよね。こういうことがオリジナリティの果てにあるんだと思ったよ。

玉乃 ということは、サッカーは高校までで、やめちゃったんですか?

是永 大学ではフットサルのサークルを立ち上げた。女子フットサルサークルも作って監督やったりもしてた。「監督」と呼んでもらいたくて…。自分としてもまあまあ天才的な閃きがあるプレーをするんだけど、あんまり人に見せないようにしていた。見られなかったら比較できない。つまり無敵…。

玉乃・是永 ははははははは。