TAMAJUN Journal

戸田和幸×玉乃淳

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook37

その時その時に、必死にやっていたらこうなった、ってだけ。

玉乃 120%の力と想いでサッカーと向き合う姿は、現役時代となんら変わらない。〝サッカーラブ度〞が半端なかったですもん。

戸田 半端ないね。今でも日中に自分のマンションの下の空き地で練習しているんだから。それをいろんな人が不思議そうに見ている。なんだこいつは、みたいな(笑)。小学生相手に全員抜きしたりもするしね。

玉乃 そのうち、職務質問受けますから(笑)。でも、現役時代さながら唯一無二の道を歩みそうですね。

戸田 これから、どうなるかなんて分からないよね。これまでの人生を振り返っても、その時その時に必死にやってたらこうなった、ってだけで、その連続だよ。今度は指導する側になったけど、まだまだ俺は全然サッカーをやり切ってないから。まだ続いているから。立場は変わったけど、サッカーを極めたいという想いは一緒。今まで自分が一生懸命にやってきて、上手くいったこと、そうじゃないことが山ほどあったけど、その経験を子どもたちに伝えてあげたい。それがちょっとしたことでもなにかの助けになるなら、これ以上の喜びはないよね。

玉乃 あれ、今一瞬、戸田くんの未来が見えてきました……なるほど。なんか日本代表監督になる予感がしたので、その時は僕をぜひ、アシスタントコーチとしてベンチに座らせてください(笑)。最後に、現役選手に向けてひと言お願いします。

戸田 現役選手にメッセージ? この俺が? うーん。俺はただ単に人と同じじゃダメだと思って生きてきたからね。だって他の人と同じじゃ、いる意味がないと思っていたから。ロボットにはなりたくなかったし、逆にそのスタンスが良く捉えられた時もあれば、逆もあったんだけど。でも、プロって結局そういうことなんじゃないかなと思う。もちろん監督がいて、その要求に応えるのがプロなんだけど、でもそのうえで〝お釣りを出せる〞ようにしなければいけないし、俺はそうやって生きてきた。まあ、現役時代にもセカンドキャリアにも共通して言えるのは、自分だけの色は持つべきなんじゃないかってことかな。それを、所属するチームでプラスにできるように努力してもらいたいなと思う。失敗しようが、リスクを怖れずにチャレンジし続けていれば、結果的にいろんな経験ができるはず。世界中で様々なサッカーを感じることができたら、最高に楽しいよ。それはもう間違いない。そうやってきたから、引退した今でも、俺、サッカーが死ぬほど好きだもん。


トップリーグで指導する彼の姿を早く見てみたい。

試合前のロッカールームの片隅で、全身が真っ赤になるほど自分の手の平で自分を叩きまくり気合いを入れている衝撃的な姿を、僕は忘れられません。常に120パーセントでやっていたがゆえ、オーバートレーニング症候群になったこともある現役時代、監督の要求以上のもの、サポーターからの期待以上のものを常に出そうとしていたサッカーに対する姿勢は、今度は指導者としてサポーターに大きな喜びと勝利をプレゼントしてくれるでしょう。

試合に負けたときの絶望的な表情とは対照的な、勝ったときの顔をクシャクシャにして無邪気に喜んで肩を組んでくる愛すべき闘将の姿をもう一度大舞台で見てみたいものです。

(サッカーダイジェスト 2014年7月29日号にて掲載)