TAMAJUN Journal

薮崎真哉×玉乃淳 “戦力外からの逆襲”

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook175

「死ぬこと以外はリスクではない。」とサバイブすることの大切さ、生きることの素晴らしさを教えてくれた薮崎真哉氏。元Jリーガーでありながらセカンドキャリアという言葉を嫌うメンタリティーは「まさに今こそがキャリアである」ことを先頭に立って示している経営者の姿勢そのものでした。「かけがえのない今日」という彼が掲げるクレドは赤裸々に語っていただいた自身の軌跡そのものなのではないでしょうか。

玉乃 薮崎さんはメディアに結構露出されているので、ウェブ上での情報は見てきたのですが、事前に特に質問の内容を考えてきたわけでなくこの場で考えてインタビューできたらと思います。

薮崎 ガチでいきましょう(笑)。

玉乃 あらためて、会社に初めてお伺いして、正直経営者になりたくないなと思うくらい規模が大きく、こうなるまでに大変だったのだなと容易に想像できます。ただこの規模感は、同じプロサッカー選手出身である僕の想像の範囲外なのですが、選手を引退して今あるのがイメージしていた姿なのですかね?

引退されたとき、今の姿は想像できましたか?

薮崎 僕は今37歳なので引退して13年になるのですが、24歳で戦力外通告を受けたときの社長像とは、もちろん年々変わっています。まだまだ現状不満足ですけど、引退当時にこの姿を想像できていたかといえば全くできなかったですよね。でもそれはそもそも社会のことを何も知らなかったわけですから。

玉乃 社会を知らないで、どうやってストーリーを描いていったのでしょうか。現役を引退されたときはノープランだったと聞いています。

薮崎 引退して1か月後に『店長年収1000万』という求人広告を見て銀座のダイニングレストランに就職を決めました。千葉にある実家から、勤務先までは1時間の距離。自分でも良かったなと思うのは、あえて実家から通わず東京に出てきたことです。通おうと思えば通えますよ。でもそれでは逃げ場があるなって思いました。「実家に帰るときは社会に負けたとき」。そう決めて、上京しました。親からは公務員になりなさいとかそういうふうに言われていましたから。仕事は週1回休みがあるかないかで、毎日眠い中4~5ヶ月必死に働きました。始業前の掃除から始まり、何から何まで。要は店長(年収1000万)を目指していたので、本気で。

でもある日、店長の給与明細をたまたま見てしまったときに、月26万くらいでめちゃくちゃショックだったのですよ。「え!」って。もう本当にショックだった。ずっと信じて無知で超真面目に、雑用も含め仕事をしまくっていて…。それまでは一度始めたことをやめたことはなかったし、ここでやめるの?それは逃げなのでは?とか色々葛藤があって、悩みぬいた挙句、目標にしていた給料が現実とは違っていたので辞めさせてくださいって言いました。

仕事を辞めた途端に、初めて自分がサッカー選手を辞めた、解雇された、自分に「サッカーがなくなったこと」の重みが分かったのです。

玉乃 社会の現実を突きつけられたわけですね。

薮崎 現役をクビって宣告されたときは「社長になってやる」という希望があったので「おら〜!」ってやってたのに、「結局半年後これかよ。J2のチームを探さなかったのも、トライアウトを受けなかったのも、結局カッコつけてただけだったんじゃないの、俺?」って。色々なことで自分を責めだしました。

かといって東京に一人暮らししているので、稼がないといけない。現実は宅急便の日雇いのバイトで夜7時から朝7時まで働いて。「死んだほうがいいのかなあ」とか思いながら…。この時期が一番辛かったかな。実家にも仕事を辞めたことは言えず。

玉乃 死んだほうがいい…。

薮崎 親には「社会は甘くないよ」と言われていたのですけれど、つまりそういうことなんだなって。何も知らずに社会に出て、「社長になってやる!」なんて言った自分に対して嫌になったのでしょうね。