TAMAJUN Journal

続・戸田和幸×玉乃淳 “サッカーの旅は終わらない”

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook42

IMG_0054

玉乃 現役時代からずっとサッカー界で生きて行くと決められていたじゃないですか。

戸田 僕はサッカーしかないですからね。

玉乃 実名を出すと、じゃあ、例えばヒデさんがサッカー界にどっしり残らずに監督になるということでもなく…どうですかね?

戸田 素直な意見を言っていいですか?僕は彼にサッカーに返して欲しいなって今でも思っています。あれだけの人なので。だって他のことは他の人でもできそうな気がするのですよ。僕ももちろんそうです。もちろん玉ちゃんもそうなのですけど。突き抜けちゃった人だから、その人が持っているものや知っているものっていうのは、みんな知らないものだし、それが日本のサッカーにとってプラスかマイナスかって言ったらどう考えてもプラスなので、それは正直欲しいですけれどね。

玉乃 ヒデさんくらいまで行かなくて、日本代表に選ばれずに引退した選手達ってサッカー界では生きていけないのではないかと思うようなキャリアの考え方をすると思うのですよね。本当は戸田くんみたいに解説者になって…。

戸田 いや、僕だって結局ゼロだから最初は。生きていけないタイプだったから。

玉乃 仕事にならないからサッカーからもう完全に離れて、まったく違う道に行くっていうのは、どう考えるべきなのかなと思って。

戸田 でも生きていかなきゃいけないんでしょ?生きて行くためにはお金が必要なんでしょ?で、仕事をするでしょ?別にいいんじゃないですか?それをどう自分が捉えるかだから。僕は基本的に自分の体一つで生きてきたから。この自分で何をしていくかって考えたときに、サッカー以外ないですもん、だって。他何ができるの?でもサッカーはできる。サッカーのことは分かるし…。

玉乃 キムタクにはなれないけど、キムタクも戸田くんにはなれないみたいな。そういう話ですよね?

戸田 そういうことですね。ただ、誰もがキムタクに憧れるはずなんで。僕ももうちょっと自分に憧れる人間を増やしたいなっていうのはあるんですけれど。僕には僕にしかできないことはある。それは分かっている。でもみんなには伝わっていない。だからそれを伝えたらどうなるかってところですね。みんな僕がこんな細かいヤツだとは絶対知らないですから。細かいから現場で軋轢があったわけで。この細やかさっていうのはサッカーでは絶対必要なはずなんですよ。ただ、それは選手の立場としては活用しきれないという結論に至り、もし逆の立場になったらどうなんだろうと。サッカーを追求するっていう旅自体は終わらないです。

他の仕事をして生きて行くのもいいと思うけれど。僕はサッカーが良かったし、サッカーで僕はこういう人間になったので、サッカーがあったから生きて来られた。中2で勉強やめていますから、オレ、サッカーやるって言って。それくらい偏ったヤツだったので。「勉強している時間なんかもったいない。」「サッカーでオレは生きて行くからもう勉強しない。」って勉強をやめた人間だから。でも高校入ったら3年生まで試合出られなくて、オレ、このままだったら死ぬなと思いました。勉強やめて大学も行けないわけだから。常にそういう意味ではギリギリのところで生きてきたから、それが当たり前。でもちょっと最近保険が欲しくなってますけれどね、最近はね(笑)。