TAMAJUN Journal

続・戸田和幸×玉乃淳 “サッカーの旅は終わらない”

IMG_0073
Tweet about this on Twitter2Share on Facebook29

「右肩上がりでずっとサッカーが好きになっていますからね。」

この言葉に元日本代表の戸田和幸氏が凝縮されていると思いました。サッカー解説者としてメディアでその顔を見ない日はないほど多忙を極める今日。自他ともに認める現役時代の「独特」なイメージをいかにして変えていったのか、「ゼロ」からの出発だった険しいセカンドキャリアの道程を余すところなく語っていただきました。そしてその根源には誰にも負けない「サッカー愛」があったのです。

玉乃 はや、もう引退してから3年目ですね?

戸田 3シーズン目に入りました。

玉乃 どうですか、激動のセカンドキャリアは?

戸田 やめた時に何にもなかった人間からすると、いろいろやれるようになったなとは思いますけど。

玉乃 毎日戸田くんを見ない日はないですもんね、テレビで。

戸田 そんなことはないでしょ(笑)。

玉乃 どういう経緯でそういうふうになっていったのでしょう?どこのリーグ戦の中継を見ても戸田くんが出演しているので。

戸田 ひとつ始めたら、そこから広がっていっただけですよ。最初そのひとつがなかった。ゼロだったので、引退してから。でもゼロだろうっていうのは、予測がついていた。引退後は指導者になると決めていたから、やっぱりイメージって必要じゃないですか。現役時に自分で作ってしまったものと違うイメージを作るには解説だなってピンときたので、オファーなんてないけれど、これはもう作るしかないと思い、動いたのが最初です。

解説業は自分にむいてそうだなって思っていたので、やってみたら結構面白いことになるっていう確信に似た部分は正直ありました。僕が僕なりに、隠れながら、もがきにもがきながら、サッカーのことを拾い続けてきたので確信がありました。あとは最初の一回の場と、そのチャンスをどう活かすかでした。

玉乃 解説者になってはどのようなことをされているのですか?

世の中の人って意外とわからないと思います、解説者がどのようなことをしているのか。例えばどのような準備をしてその試合に臨んでいるのか。

戸田 僕の場合はとにかく試合をたくさん見ることですね。

週末に担当する試合があったら、とりあえず対戦するチーム毎に基本最低2試合ずつ。例えばこの前はJ2のある試合を担当したときは4試合ずつ見たし。ずっと勝っているチームがちょっと上手くいってない時期があったら、遡って負けている試合を見てみようとか。自分の中でいろいろ決めてやっています。 あとは一応今日持ってきましたけど、こういうのがあるので(ノートを差し出す)。これはもう引退してから15~16冊目ですけれど。あまり見せませんよ。

玉乃 それは解説用ですか?それとも更に将来的な監督業の時のための?

戸田 両方です。両方です。見る試合がものすごく多いので忘れちゃうから。中継に入る前にノートを見ると、「あ、こういう試合だったな」って思い出せるし、分析する癖をつけるっていうのは、現場に行くためという要素もかなり自分の中では強いと思っています。

玉乃 よく世間的に「解説っていいよね。見て思ったこと喋っているだけ。」って言われるのとは違いますね。単純に1試合2時間として、両チーム合わせて8試合も見ているわけですよね?「2×8=16時間!!」。それが戸田くん今週6試合担当するわけですから…目が充血しているのはそういった理由ですかね?

戸田 はい。夜遊びではないです。夜更かしですけど夜遊びではないです(笑)。

玉乃 どんな環境で準備されているのですか?

戸田 8畳弱のワンルームを借りています。机があって、1人がけの椅子があって、ベッドがあって。腹が減ったら近所のココイチ行ってカレー食って帰ってくる。それを繰り返す感じ。

玉乃 海外の試合だと試合終わるのは朝方ですもんね。

戸田 昨日はJリーグの試合が夕方にあって、そのあとセリエが夜中の3時30分からあって、家帰ってきたのが朝6時過ぎ。それから4~5時間寝て、で、起きてサッカーずっと見ていました。見たくて見ている部分と、見なきゃいけなくて見ている部分と二つあって。見たい試合って偏るから、仕事で見る試合って、正直見たくない試合もあるけれど、意外とそっちから勉強することが多い。一見つまらない試合でもいろいろあるから。なんでつまらないかの理由を考えることが大事だと思っているから、「これはつまらない!」ではなくて何が理由でつまらないのかというのを自分なりに拾っていって、それが自分の中に残るんじゃないかな。いろんなカテゴリー、いろんなリーグ、いろんな試合を見ます。今は勉強の時期なのでしょうね。

『石の上にも三年』って言いましたっけ?そう、だから「やれたら3年はやろう。」っていうのと、「1個これで作ってやろう。」と思っていました。解説者としての土台を自分で作ってやろうと。